fc2ブログ

記事一覧

秘封ナイトメアダイアリー プレイ感想

ほんとにただの感想書きなぐりです。まとまりがない。


一応最初に言っておくと本記事は肯定寄りの内容です。






秘封ND、結論から言うと、面白かったです。
ネット上では中々賛否が分かれているようで、
一通りプレイしてみたらその理由も分からなくはないのですが、とりあえず面白かったなーと思います。



というか、本作はプレイヤーによる難易度設定が無い関係で、
特にシュータースキルによって結構満足できるかどうかが分かれている印象を受けます。
自分は東方に関しては整数ナンバリングなら大体Normalをクリアしている程度の腕なので、
本作の『低難易度シューターでも頑張ればできなくはない』ぐらいの難易度が好きなんだなと思いました。
まあ、ダブスポはレベルの幅がかなり広かった&弾幕の新鮮味が強かったし、
弾幕アマノジャクはアイテムによって難易度を変えられるので、そこら辺は以前の作品が結構絶妙な采配だったんだなーという気はしますが。
(ちなみに文花帖は未プレイなんです。やりたい)


でも個人的に本作ですごく好きな所があって、それは撮影だけでなくショットも使えるところです。というか最初はショットしか使えない。
自分は弾幕撮影ゲーが実は結構苦手で、ダブスポはどうにかはたてを使えるようになるまで大分苦労したような腕なんです。
(それでもダブスポを頑張ってやってたのは、次のレベルに行って色んな弾幕のアイディアを見たかったモチベからですが)

なのでショットが使えるとすごく助かる。
撮影してもいいし、ショットで倒してもいい、そんな選択ができるところはかなり好みです。
どっちかしかメインにできない弾幕も存在はしますが、基本操作にショットがあるだけで結構違うと思いました。
(余談ですが、東方二次創作のトライフォーカサー、あれでも椛ばっかり使ってました)

ちなみに本作で精神的に一番苦労したのは裏土曜日の弾幕夢6です。
『いや、あれに苦労する?』と思われそうですがほんとに苦労したんです。
撮影の意味が大してないああいう単純な弾幕がクリア強制なのはきつかった。あと二つの軌道の弾幕が同時に来るの嫌い。
(まあそれでも100回挑戦した辺りから避け筋が見えてくるので、その辺は確かに難しい弾幕ではないんですけど………)


んで、Nシューター的には難易度が結構好みな感じでした。先述のクリア強制弾幕は少しキツかったですが。
これはダブルスポイラーの時からなんですが、新たなレベルに入ると『どの弾幕をクリアするか』を考えるのが好きで、楽しみの一つに見ています。
相変わらずこの作品でもどの弾幕をクリアするかが選べますし、
一個クリアしただけで次のレベルに行けるのは簡単すぎかも?と思いましたが、
最後にはきっちりシーンクリア数条件が出るので埋めていく楽しさもそれなりにありました。
(でも一つ言うなら『ナイトメアダイアリー』が簡単すぎて、これでいいのか?という感じは確かにしましたねー)

度々問題にされたりする「悪夢曜日」についてなんですが、
自分程度の腕だと、これがさっきの『どの弾幕をクリアするかを考える楽しさ』とかなりマッチしてきて楽しかったです。
というのは、プレイされた方ならご存知の通り、
悪夢曜日は最初の2つの弾幕に出て来たコンビが、残り4つで別々に組み合わさるという内容なんですが、
これが『誰と誰の組み合わせなら、なんとかクリアできるか』を考える上で結構楽しかったりする。
また、一人になると発狂しますが、発狂も簡単なキャラと難しいキャラがいるので、
それも込みでどの弾幕をどう攻略するかを考えるのが結構楽しかったですね。
まぁ初週だけだと言われれば確かにそうなのですが、あんまり二週以上するゲームでもないし………


弾幕の使い回しに関しては、これはもう人によるとしか言いようがないと思うんですが、
同じような弾幕でも、どう組み合わさるかによって攻略法が変わってくるので、そこら辺であんまり飽きはしなかったかな。
むしろ『こいつの攻撃方法なら避けられるから、こいつとのコンビだったらきっと撃破できる!』という突破口を考えるのが楽しかったです。

あとはデスキャンセル、これはへっぽこシューターには非常にありがたい能力です。
更に先述したようにショット派なので、ショット&デスキャンセルでどうにか撃破できる相手が結構いて助かります。
(やっぱりそれが無かった裏土曜日6は難しかった………)


テレポそんなに操作性悪いかな………?
誤射はまあまあするけども、元々何回も挑戦する事前提のゲームデザインなのであまり気にならなかったです。
あとはテレポを何度も何度もするのが必須の弾幕もそこまで多くはなかったので。
(でも「確実に悪夢で殺すための弾幕」は少し辛かったな………)


ストーリーやキャラに関しては、小数点作品にしてはストーリーがあって面白かったです。
キャラも色々出てきて、最初聖と神子を見た時はビビったなあ。『お前らが組むのかよ!!?!?』って。
曜日に関係無いキャラのコラボとかはあったら面白かったかもーとは思います。

悪夢のキャラが出す弾幕の一つ一つは基本単純なので、
これこそ強ボスじゃないポジションのキャラだったなら更にそれっぽかったかも。
まぁ、そこまですると一個のゲームのボリュームでは無くなるので、また別の機会に出たりするといいなあ。


スペカ名が安直すぎるとは思いましたが、どうやら格ゲー作品(全く触れてない)で似たような傾向があったようなのでその辺が関係しているのかな。
ああでもスペカ名ミスは流石に直して欲しいな………


BGMは最高の一言。ルナティックドリーマー好きすぎる。


・結論
Nシューターはとても楽しかったよ!!!!!
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

端子

Author:端子
読み方はなんでもいいです(自分ではたんしと読んでいますが)
文字をかくこと、一人用のゲームをすること、ゲームをつくることが好き